パワーストーンイメージ

パワーストーン・クリスタルについて

若い女性を中心に流行している「パワーストーン」は、鉱物でありながら恋愛や金運、精神の安定などの効果が得られるとして人気を集めるようになりました。
十数年前までは「怪しい」「胡散臭い」というイメージの強かったパワーストーンですが、実際に着用した方々の口コミから徐々に広がり、今に至ります。
私がはじめて入手したパワーストーンは山梨県のおみやげ売り場で販売されていた小さな「クリスタル」でした。
これは両剣水晶と呼ばれているもので、長さ3、5センチ・幅2センチ程度の両端が尖った形をしている水晶です。
これが水晶かと手にとってみると、冷ややかな鉱物はまるでガラスのような美しい透明感を放っていました。
当時はまだ天然石の「て」の字も知らなかった私は、この透き通った鉱物に不思議な魅力を感じていたのです。
ガラスと何が違うのだろうかと思いつつも、なんとなく興味本位で購入したのです。
小さなクリスタルをパソコン机の片隅に置き、何気なく放置すること数週間・・・いつの間にかクリスタルにほこりが積もっていました。
流水で洗浄し、ついでだからと日光の当たる窓際で浄化を行いました。
パソコンで調べてみると、天然石は人間が放つ「気」を吸収する性質があることがあるため、定期的に浄化する必要があるとの事でした。
久しぶりの日光に晒されたクリスタルは購入時の輝きを取り戻し、内部に小さな虹色が浮かび上がるようになりました。
手にとって眺めているうちに虹の数が増え、とうとう水晶の内部のほとんどに虹が浮かぶようになったのです。
購入時は確かに無かったハズの虹が浮かぶ・・・心底不思議に感じたので、それからは手に取る機会を増やし、きれいだな〜とじっくり眺める時間を取るようになりました。
クリスタルから振動が放たれ、私の意志に反応しているかのように手の中でビリビリし始めたのはちょうどその頃です。
もしかしてコレは水晶のパワーというやつなのかと最初はかなり驚きましたが、水晶から生命感を感じ取る事はたいへん楽しいことでもありました。
それからはいつも持ち歩いているポーチに入れ、お守りとして常に持ち歩いています。
そのお陰かどうかは分かりませんが、現在社会問題となっている精神疾患や人間関係のトラブルなどとは縁遠い生活を送っています。

Copyright(C) 2010 天然石の力.com All Rights Reserved.